本文へスキップ

人と地球にやさしいモノ作り(有機発酵肥料等)を行っている会社です。

電話,FAXでのお問い合わせは0977-75-0360

飼料部

飼料について

肉牛・乳牛用飼料

下記の配合を行い、皆様にお届け致しております。

  • 子牛用配合
  • 育成牛用配合
  • 肥育前期配合
  • 肥育後期配合       
  • 乳牛用配合       
  • 繁殖用配合
  • 特殊配合(オーダーメイド配合)
   牧場別(農家別)にご提示頂いた配合または、ご要求内容により当社よりご提示させて頂いて
   お届け致します。

 西部飼料では、カルニチン摂取を考慮し、その原料となるリジンを多く含む大豆と、
メチオニン
を多く含むを加熱処理して配合飼料に加え、アミノ酸割合に重点をおいた
製品化を致しております


カルニチンを摂取することで、脂肪燃焼を促進し、慢性疲労の軽減が期待できます。
子牛用,肥育用,乳牛用,繁殖用の飼料としてご使用頂けます。


また、エコを取り入れた原材料を使ってコストを抑えた飼料です。
肉牛の増体が早く、肉質が良くなり、なおかつ価格も安いという三拍子そろった
エコフィード用飼料です。


各飼料のご注文,ご相談はお問い合わせフォームまたはFAXよりご連絡下さい。


牛のエサ


加熱設備について

 

 

大豆や飼料用米、その他粒体,粉体のものを加熱処理します。
これらを使用することで、消化吸収率や栄養価のより高いものをご提供致します。

                      

ー加熱することでー

 大豆はタンパク質が多く、リジンという必須アミノ酸も豊富です。
但し、生大豆は、タンパク質の消化酵素のトリプシンの作用を阻害する成分が含まれています。
加熱することで、その阻害する物質は壊されることで、大豆のタンパク質の消化不良をおさえ、
吸収率をよくします。

 飼料用米も、丸粒のままだと多くが消化できずに排泄されてしまいますが、加熱により
消化性および栄養価も向上します。

 香りも香ばしく、牛の嗜好性も良好です。

 また、タンパク質の多い飼料(濃厚飼料)は、与え方によっては牛の消化器官であるルーメンの
phを下げてしまうおそれがあります。

加熱処理することで、phを急激に下げずに消化していくので、牛の体に優しいものとなります。



西部飼料株式会社

〒879-1306
大分県杵築市山香町広瀬3390-6
TEL 0977-75-0360
FAX 0977-75-0360